会社概要

現在ロータスはアジアにおいて、急成長しているジェネリック製薬会社です。自社の開発力と製造機能の高さを通して競争優位性を維持し、パートナーとのネットワークにより、スピードと柔軟性を有したビジネスモデルを採用しています。 ロータスは韓国、台湾、中国、インドに拠点を置いており、日本や東南アジアへの輸出も行っています。また、2014年に大株主となったアルボジェングループを通して、アメリカ、ヨーロッパ中東部、アジアでのビジネスも行っています。

Development Projects
25
Pending ANDA filings
5

アジア太平洋における軌跡

異なる国々へ

ロータスはアルボジェングループアジア太平洋地域におけるハブとして、運営しています。本社のある台湾はもとより、アルボジェングループの会社などを通して、韓国、ミヤンマー、タイ、ベトナム、フィリピン、シンガポール、マレーシア、香港、中国といった国々で、ビジネスを行っています。また、R&Dハブを台湾と韓国に構えています。

アジア地域のオフィス

マネジメント

リーダーシップチーム

ロータスのマネジメントチームは、国際的な経験に富んでいます。アルボジェンのサポートとともに、ロータスはアジアにおけるトップ5のジェネリック製薬会社になるという目標を掲げています。

リーダーシップ

アルボジェン社のパートナーシップ

ロータスの大株主であるアルボジェン社は、次世代型の製薬会社で、現在世界35カ国に運営拠点を置いています。また、エリアごとのハブを北アメリカ、ルーマニア、台湾の3箇所に設置しています。

アルボジェン社はバイオ医薬品の分野ですでに最先端へと進んでおり、戦略的パートナーシップを築きあげ、選出したエリアでバイオシミラーを上市しています。5億ドルを超える金額がモノクローナル抗体開発と、最先端の製造施設に投資されています。また、世界各拠点におけるチームの弛まぬ努力により、世界のジェネリック製薬会社のトップ10になるという目標を掲げています。

アルボジェンのホームページへ

アジアでのトップ5へ

ロータスのチームは、アジアにおけるトップ5のジェネリック製薬会社になるという目標を掲げています。

ローカルチームとの連携

ロータスはアルボジェンの支部を含め、アジア地区では10の国々に運営拠点があり、台湾と韓国に製造及びR&Dの拠点があります。

ローカルチームと連携をとり、それぞれの国への製品の提供をスムーズにしています。

アジア地域のオフィス