株主・投資家の皆様へ

コーポレート・ガバナンス

健全で安定したコーポレート・ガバナンスのシステムは、企業経営で成功するための重要なベースとなるものです。ロータスは、コーポレート.ガバナンスを重要視しており、そのシステムに沿うように尽力を尽くしています。そして、会社の透明性を維持した上で、マネジメント、内部統制、監査を履行しています。

Corporate Structure

報酬委員会

報酬委員会は、損益の方針を再確認するとともに、マネジメントチームの評価なども行い、役員会のサポートをしています。

報酬委員会は組織規定に則り、社外取締役を含め三人以上のメンバーで構成され、1年に2回以上の頻度で委員会会議が開かれます。

監査委員会

監査委員会は主に会計、査察、レポート、財務報告のフローや、正確さなどの審査をサポートします。

ロータスは監査委員会の組織規定に則り、社外取締役を含め三人以上のメンバーで構成され、毎4半期に委員会会議が開かれ、特殊法律、会計、コンサルティングなど、それぞれの業務が果たされているかを審査します。

内部監査

ロータスの内部監査は取締役会へ直接報告書を提出する、独立したユニットです。会社内部プロセス、内部統制を再調査し、日常的な機能管理の妥当性、有効性、効率を検討して、評価します。

内部監査は、取締役会によって承認を受け、リスク査定結果に基いた年次監査計画に則って行われます。監察レポートにある内部監察結果から現在の運営状況における不足部を定めて、改善計画を含めた監察報告書を提出します。監察報告書は委員会によって、定期的に報告されます。