ロータス取締役

Robert Wessman

A photo of Robert Wessman

Robert Wessmanはアルボジェングループの社長兼CEOで、2015年4月23日にロータスの代表取締役会の一員となりました。

Robert2009年にアルボジェングループを創立しました。アルボジェンはもともとアメリカで小さなビジネスをしていましたが、短期間で国際的な製薬会社へと成長し、現在では34の国で運営を行っており、2000人以上の従業員がいます。Robertのリーダーシップのもと、アルボジェンは国際的ジェネリック・メーカーのトップ10に入るという目標を掲げており、着実にその目標へと突き進んでいます。

Robertは顧客のニーズに積極的に応えられる組織を作るということに重きを置いており、付加価値のある製品を作り出し、現在では350以上の製品が上市されています。また、高価な製品も重要なパイプラインの一つです。

Robertは明確に焦点を絞ることによって効率的に運営を行い、事業を拡大してきました。収益の面においても、5年間で年間平均成長率が77%上昇し、急成長を遂げました。また、そのうち59%はグループ会社の営業によるものです。更に、Robertは多くの戦略的合併・買収・パートナーシップの監督をし、アジア太平洋・中東欧の地域で、アルボジェングループの成長を促してきました。